So-net無料ブログ作成
検索選択




前の3件 | -

麻生太郎、ローソン前でアイスを食べる

かっこよすぎるwww


H25.06.17 参議院本会議

電気事業法の一部を改正する法律案(閣法第54号)
脱税の防止のための情報の交換及び個人の所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国政府とジャージー政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第2号)
租税に関する情報の交換及び個人の所得に対する租税に関する二重課税の回避のための日本国政府とガーンジー政府との間の協定の締結について承認を求めるの件(閣条第3号)
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とポルトガル共和国との間の条約の締結について承認を求めるの件(閣条第4号)
租税に関する相互行政支援に関する条約及び租税に関する相互行政支援に関する条約を改正する議定書の締結について承認を求めるの件(閣条第5号)
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の条約を改正する議定書の締結について承認を求めるの件(閣条第6号)
所得に対する租税に関する二重課税の回避及び脱税の防止のための日本国とニュージーランドとの間の条約の締結について承認を求めるの件(閣条第7号)
災害対策基本法等の一部を改正する法律案(閣法第56号)
大規模災害からの復興に関する法律案(閣法第57号)
総合特別区域法の一部を改正する法律案(閣法第39号)
食品製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法の一部を改正する法律案(閣法第31号)
大気汚染防止法の一部を改正する法律案(閣法第41号)
放射性物質による環境の汚染の防止のための関係法律の整備に関する法律案(閣法第62号)
不動産特定共同事業法の一部を改正する法律案(閣法第40号)
小規模企業の事業活動の活性化のための中小企業基本法等の一部を改正する等の法律案(閣法第58号)
一般職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案(閣法第24号)

平田健二(参議院議長)
茂木敏充(経済産業大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)、原子力経済被害担当、産業競争力担当)
松田公太(みんなの党)
加藤敏幸(外交防衛委員長)
牧野たかお(災害対策特別委員長)
相原久美子(内閣委員長)
中谷智司(農林水産委員長)
北川イッセイ(環境委員長)
石井準一(国土交通委員長)
増子輝彦(経済産業委員長)
松あきら(総務委員長)


nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

ニコ動の反応【WBC】台湾応援席に木村拓哉がいると騒ぐ臺灣メディア

ニコ動の反応【WBC】台湾応援席に木村拓哉がいると騒ぐ臺灣メディア


WBC2013 日本vs台湾
2次ラウンドの初戦、日本はリードを奪われながらもしぶとく食らいつき、土壇場の9回­­に追いつくと、10回についに逆転。延長戦にまで及んだ死闘を制した。

【台湾】 東日本大震災の「感謝広告」が台湾(臺灣)の教科書に

日本の「感謝広告」が台湾の教科書に
東日本大震災で巨額の義援金を寄せた台湾に対し、日本の対台湾窓口機関、
交流協会台北事務所(大使館に相当)が昨年3月、台湾の新聞などで展開し
た「感謝広告」が、来年2月以降の台湾の教科書に掲載されることになった。
採用された広告は、宮城県石巻市の中学生らが、古タイヤを利用した手製の太鼓
を打っている場面に、「元気です。ありがとう台湾」と書かれている。台湾の教科書出
版大手の中学3年生用「公民」の「世界公民の基本素養」の項で、国際社会への
関心の重要性を紹介する部分に資料として掲載される。
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/03/08/21taiwan/


タグ:台湾 WBC 臺灣
nice!(29)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界は日本をどう見ているか

新・世界は日本をどう見ているか


世界は日本をどう見ているか



ようつべコメントより抜粋
パール判事を初めとした東南アジア諸国の方々が日本のために尽く­してくれたこと、またその賢明さにただただ感謝します。
私が義務教育小学校)で教えられたことは「日本は残酷で酷い国­だ」という歴史の一面のみを抜粋したものでした。純粋な小学生達­は「じいちゃん達は酷い人間だ」と印象づけられたものです。
また、中学高校では近代史はほとんど取り扱いません(あえてスル­ーしています)。
私達の祖先が欧米諸国の圧力の中、日本が食いものにされないよう­に追力してきたこと、またそれによって現在の日本が存在する(ア­ジア、アフリカ諸国の独立もそうです)ことは大人になってこの動­画などから初めて気づかされました。
我々は「戦争はいけない事だ」で思考を停止せず、その背景にある­ものを学ばなければならないでしょう。
そろそろ、偏向された近代歴史教育を改めるべきではないでしょう­か。


左翼日教組の偏向教育で歴史の真実が隠蔽偏向されるのは、残念な­事です。
私も学校で反日教育を為され、最近それらの感動的な事実を知りま­した。
情報が身近に為った今が、左翼により偏向された自虐史観から解き­放たれる絶好機ではないでしょうか?
日本人として、素晴らしい先人を改めて誇りに感じます。
本当に、素晴らしい映像をありがとう御座いました。
一刻も早く反日日教組の解体を!切に願います。


言葉・宗教・文化が違えば戦争は必ず起こる、当たり前の事だけど­、日本は各国の言葉・宗教・文化を尊重しその権利の為に戦った。­日本人に産まれてきて誇りに思うし、今の弱腰外交にはいらだちさ­え覚える。胸を張って主張しよう、間違っていないなら戦うべき。­それが武器を持つ戦いじゃなくても。
これから未来を生きる全ての日本人が歴史的事実をきちんと把握し­て成長するべき。
私はそれがなかった世代だからこそ、今学びたいと思う。


私は今18ですが子供のころ親に「韓国はどうして日本が嫌いなの­?」と聞いたとき 「日本人も昔悪いことをしたからね」 と教えられた 自国の非を認め謙虚に冷静に物事を判断できる国はそう多くないと­思う もしも私が韓国人で 親に同じようなことを聞いたらなんという答えが返ってきただろう­か 敵国である日本の非を責め、反日精神を植え付けられるだけだった­のではないだろうか 私は一日本人として誇りを持っているし、愛国心ゆえにこの国を守­ってくれた先人たちを心から尊敬する



nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。